水道水になぜ塩素が含まれているの?安心・安全に使えるサーバーを紹介

水道水に含まれる「塩素」。なぜ塩素が含まれているのか?塩素を取り除く方法はないのか?など気になっている方は多いのではないでしょうか。

今回は、水道水に含まれる塩素の影響や取り除く方法などについて解説。あわせておいしい水が安心・安全に飲めるウォーターサーバーも紹介します。

塩素による悪影響についても解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

水道水に塩素が含まれている理由

ミネラルウォーターとは?

普段の生活に欠かせない水道水ですが、なぜ塩素が含まれているのでしょうか。

その理由は主に2つ挙げられます。

  • 強い漂白・抗菌作用があるため
  • 水道法により定められている

詳しく解説しましょう。

強い漂白・抗菌作用があるため

塩素には抗菌作用があります。水道水の源水である河川・湖などの水は決して綺麗なものとは言えません。病気の原因となり得る微生物が含まれている恐れが十分にあります。

水道設備が整備される前は、腸チフスや細菌性赤痢、コレラなどの水が原因による感染症の流行が起きていました。

 つい最近でも病原微生物により汚染されてしまった井戸水が原因で、集団感染が起きています。

水が原因による感染症の症状は腹痛・下痢・嘔吐などで、病原微生物に対する抵抗力が低い場合は命の危険もあるのです。

このような危険から守るために、強い殺菌力を持つ塩素を利用することで病原微生物を死滅させています。「塩素消毒」を日本で最初に行ったのは1922年のこと。塩素消毒が当たり前になったのは終戦後です。

塩素を含む水道水が普及して以降は、以前のような感染症にかかる人の割合も減少傾向になりました。

塩素を含んだ水道水は、私たちの健康な生活に欠かせないものですね。

水道法により定められている

水道水 塩素

水道水に塩素を含むことは、水道法により定められています。水道水に0.1mg/L以上の塩素を含まなければ法律違反となるのです。

最低限含まなくてはいけない塩素の基準が定められているおかげで、私たちが普段使う水道水は殺菌・消毒がきちんと行われていることになります。

塩素が十分に含まれているため、先ほど挙げたような感染症を発症する心配はほとんどありません。

日本ではおいしい水道水を供給するために、厚生労働省の定める水質管理目標設定項目と目標値に残留塩素の目安が明記されています。

残留塩素濃度のガイドライン
  • 日本:1mg/L以下
  • 世界保健機関(WHO):5mg/L以下

日本はWHOよりも厳しいガイドラインを定めていることが分かりますね。

日本ではおいしい水の供給に配慮していることが見て取れますね。

塩素による悪影響は?

塩素による悪影響は?

水が原因による感染症を防ぐために含まれる塩素ですが、塩素が強いと悪影響が生じることもあります。塩素濃度が濃い場合による悪影響をいくつか紹介しましょう。

水道水が臭い・まずい

水道水が臭い・まずいと感じた経験がある方は多いのではないでしょうか。

鼻にツンと来るようなにおいで、自宅だけでなくレストラン・喫茶店で出されるお水からも臭う場合があります。その原因は残留塩素・有機物が結合したときに発生するカルキ臭です。

 おいしいと感じる水の基準は塩素濃度「0.4mg/L以下」と考えられている(※)ため、それを上回る塩素濃度だと水道水が臭く感じてしまいます。

この数値はミネラル分・炭酸ガスの臭気や濃度・温度などを幅広いパターンで分析した結果に導き出されました。

水道法により塩素濃度の最低基準が定められていますが、地域の水質はそれぞれ異なるため場所によってどれくらい塩素が含まれるかは異なるのが現状です。

汚染度の高いところや細菌が繁殖しやすい夏場などは、特に塩素濃度が高くなりやすい傾向にあります。

※東京都水道局ホームページ参照
https://www.waterworks.metro.tokyo.lg.jp/faq/qa-13.html

肌トラブルが起きる

肌トラブルが起きる 塩素

水道水に含まれる塩素は、肌トラブルを引き起こす場合があります。敏感肌の人は特にその影響を受けやすいでしょう。

 海外のとある研究で、「塩素が配合された水は肌の老化プロセスを早める」と結論付けられました。

色素沈着・弾力がなくなるなど、日光を長時間浴びたときと同様の影響を受けるケースがあるようです。

さらに、皮脂・保湿能力の減少、湿疹の悪化などの肌トラブルを引き起こします。

プールに入った後にかゆみ・肌荒れを経験したことのある人は多いのではないでしょうか。それは上記のような、塩素による悪影響が原因です。

日本は残留塩素濃度の基準が比較的厳しく定められているため、普通に生活する分には深刻な影響はありません

しかし塩素濃度が高い地域では気を付けたいですね。

髪が痛んでしまう

髪が痛んでしまう 塩素

塩素濃度の高い水に長時間毛髪が触れることにより、髪が傷みやすくなります。

綺麗な毛髪を守るキューティクルのタンパク質が塩素により変質してしまうことが原因です。

キューティクルとは?

キューティクルは髪の艶や指通りの良さを決定づける重要な要素の一つ。キューティクルが薄くなると、髪の色が抜けやすくなってしまいます。

プール上がりのギシギシとした髪は、キューティクルが薄くなってしまっている状態なのです。

発がん性物質トリハロメタンの生成

水道水に含まれる塩素は有機物質に反応し、発がん性物質トリハロメタンを生成してしまうのです。

トリハロメタンの中で特に存在比率の高い物質に、クロロホルムがあります。

クロロホルムとは?

クロロホルムはかつて麻酔薬として使われていた物質です。しかし発がんリスクや、肝障害・腎障害などの副作用があることが分かり現在は使用されていません。

日本ではクロロホルムに対する水質基準を「0.06mg/L以下」と定めています。WHOの飲料水水質ガイドラインでは「0.3mg/L以下」のため、世界的に見てもかなり厳しい水質基準です。

これほど厳しい基準を設けているため、日本の水道水は安全性がとても高いといえるでしょう。

塩素の酸化作用による配管の劣化・赤錆・ゴミ

塩素の酸化作用による配管の劣化・赤錆・ゴミ

塩素の酸化作用により、水道管の劣化や赤錆などが生じてしまいやすくなります。

 水道水に錆が含まれても、少量であれば飲んでも問題ありません。

しかし一度に大量に飲むと下痢・嘔吐などの症状を引き起こすことがあります。

水道水が赤いときは赤錆が水道管に生じている証拠。赤い水を飲むのはできる限り避けたほうがよいといえるでしょう。

水道水から塩素を除去する方法

水道水から塩素を除去する方法

健康を守るために含まれる塩素ですが、濃度が濃いと悪影響が生じやすくなってしまいます。ここでは、水道水から塩素を除去する方法をいくつか紹介します。

簡単に実践できるものもあるので、水道水のカルキ臭に悩む方はぜひ試してみてください。

煮沸

材料を用意せずにすぐに実践できる方法が「煮沸」です。水道水を煮沸すると、残留塩素・トリハロメタンを除去できます。

加熱時間の目安は、沸騰から10分~30分程度

 トリハロメタンは水温の上昇に伴って増加する性質を持つため、最低でも沸騰から5分間は加熱し続けてください。

やかんや鍋でいちいち煮沸するのが面倒な場合は、カルキ抜き機能を持つ電気ポットの活用もおすすめです。

煮沸後は冷蔵庫で冷やすと、おいしく飲めます。

汲み置き

汲み置き 塩素

水道水を汲み置きしてカルキ抜きをする方法もあります。この方法は時期によっては1~2日程度かかるため、いますぐ水を飲みたい!という人には向いていません

汲み置きの手順
  1. 水道水をバケツに組み、日の当たるところに置く
  2. 夏の晴天時なら15Lあたり1~2時間程度で完了
  3. 曇り時や春・秋・冬は1~2日程度で完了

    バケツさえ用意すればできるので、手軽にできる方法といえますね。

    カルキが抜けたかを調べるためには、専用テスターの使用が必要です。必ずしもチェックが必要なわけではありませんが、塩素濃度が気になる方は用意しておくと良いでしょう。

    あえてデメリットをいくつか挙げるとしたら、時期により必要な時間が変わる・置いている間にゴミが入りやすいなどがあります。

    レモンを加える

    レモンを加える カルキ抜き

    水道水にレモンを加えることで、カルキとビタミンCの化学反応により塩素が除去されます

     コップ一杯の水道水に対し、レモン汁一滴が適量です。

    生のものでなくても、ポッカレモンなどの容器に入ったレモン汁でも問題ありません。レモンの他、ビタミンCを豊富に含むオレンジやキウイなどでも代用できます。

    レモンを加える方法のメリットは、時間がかからないこと。ビタミンCとカルキはすぐに反応するため、待つ必要がありません。

    ただし材料を用意する手間がかかってしまうのが難点ですね。

    活性炭や備長炭を入れる

    活性炭や備長炭を入れる カルキ抜き

    活性炭・備長炭を水道水に入れる方法もおすすめです。活性炭には微細なすき間が多くあるため、水道水に含まれる塩素を取り込み除去できます。

    塩素を除去するだけでなく、臭い成分もしっかり吸着するのも特徴。さらに活性炭に含まれるミネラルが水道水に溶け、おいしい水になるのもうれしいポイントです。

     活性炭・備長炭の量は、水道水1リットルに対し150g程度が目安。

    飲み水にするのであれば、事前に活性炭・備長炭を入念に洗っておかなくてはいけません

    通常の洗浄に加え、煮沸消毒をするとよいでしょう。

    浄水器を利用する

    市販の浄水器を利用する方法も比較的手軽にできるためおすすめです。

    多くの浄水器は残留塩素の除去を目的にして作られています。フィルターに使用されている活性炭が塩素を吸着・除去するのです。

     浄水器は蛇口につけるタイプや据え置き型、ポット型などいくつかの種類があります。100円~10万越えのものまで、種類によって値段はピンキリです。

    予算に合わせて、気になる商品を比較検討してみてください。

    塩素が気になるならウォーターサーバーがおすすめ

    塩素が気になるならウォーターサーバーがおすすめ

    水道水の塩素を除去する方法をいくつか紹介しました。しかしどの方法も塩素を完全に除去することは難しいでしょう。方法によってはカルキ臭が若干残ってしまうものもあります。

    そこで、おいしくて安全な水を飲みたい方におすすめなのがウォーターサーバーです。

    ウォーターサーバーは初めから塩素を含まないため、いつでもおいしい水を飲めるのです。

    塩素を含まないのが大きなメリットですが、実はその他にも様々なメリットがあります。ここではウォーターサーバーを導入するメリットを見てみましょう。

    美味しい水を手軽に飲める

    ウォーターサーバーは塩素を全く含みません。自宅でいつでもおいしい水を飲めます

     市販のミネラルウォーターを買って飲んでいる人には特におすすめです。

    また冷水・温水どちらもすぐに利用できるメリットもあります。キンキンに冷えた水は、熱中症予防にとても役立つでしょう。

    冷蔵庫でわざわざ水を冷やす手間も減ります。

    料理に使える

    料理に使える ウォーターサーバーの水

    ウォーターサーバーは水質にこだわって作られています。飲料水に活用できるのはもちろん、料理に使えばより一層おいしく仕上がるでしょう。

    おすすめの使い方

    お米を炊くときにウォーターサーバーの水を使うのがおすすめです。米を研ぐ前に水に浸して置き、炊くときにもウォーターサーバーの水を使用します。

    米だけに限らず、お茶・コーヒーといったインスタントの飲み物に使ってもよいでしょう。

    在宅時間により料理の機会が増えた方は、ぜひ試してみてください。

    水を買う必要がない

    水道水のカルキ臭が気になる方の中には、毎日ペットボトルの水を買っている方もいるのではないでしょうか。綺麗でおいしい水を飲むためにわざわざ買い出しに行くのは、手間もお金もかかり大変ですよね。

    ウォーターサーバーを導入すると、水をわざわざ買う手間がなくなります。先に紹介したように、おいしい水をいつでも自宅で手軽に飲めるようになるのです。

     導入費用はかかりますが、長い目で見ると毎日ペットボトルの水を買うよりは安くなるケースがほとんど。

    何よりも買い出しの手間を削減できるのが大きなメリットといえるでしょう。

    備蓄用の水にもなる

    備蓄用の水にもなる ウォーターサーバー

    いつ災害が起こるかわからない日本では、備蓄用の水を用意しておいたほうがよいでしょう。ウォーターサーバーの補充用ボトルの水は、備蓄用として役立ちます

    賞味期限の目安は製造から半年なので、年に2回備蓄用の水を用意しておけばよいのです。

     市販のペットボトルを備蓄用として蓄える場合、家まで運ぶ手間がかかります。

    補充用ボトルを置いておくだけで備蓄用になるので、手間を最小限に抑えられるのが魅力的ですね。

    財布・環境にやさしいエコ設計のものもある

    需要が増えてきたことで、ウォーターサーバーも多くの製品が販売されています。値段や性能はピンからキリまで。コスパのあまり良くない製品もあるのが現状です。

     しかし近年は性能のよいウォーターサーバーが増えてきており、財布・環境にやさしいエコ設計のものもあります。

    予算が少なめでも、十分満足のできるウォーターサーバーが導入できるでしょう。

    インテリアにも映える

    インテリア ウォーターサーバー

    ウォーターサーバーはインテリアにも映える特徴があります。最近はデザインに力を入れたウォーターサーバーが多いのです。

    機能性やコスパ面のほか、自宅の雰囲気に合うか?という目線で選ぶのも楽しいですね。

    ウォーターサーバーを置くだけで部屋が洗練された雰囲気になるので、ぜひ検討してみてください。

    ウォーターサーバーを使用する注意点

    ウォーターサーバーを使用する注意点

    魅力がたくさんあるウォーターサーバーですが、実際に使用する際に気を付けなければいけないポイントがいくつかあります。

    ここではウォーターサーバーを使用する注意点を紹介しましょう。

    雑菌の繁殖に注意する

    塩素が入っていない分、おいしい水を味わえるウォーターサーバー。その分雑菌の繁殖にはよく注意しなくてはいけません。

    水道水の場合、定められた安全基準に則り塩素を含むことで水が原因による感染症を防いでいます。ウォーターサーバーは開栓した後に、空気中に漂う雑菌が入り込んでしまう恐れがあるのです。

     ウォーターサーバーは塩素が含まれていないため、当然殺菌効果はありません。入ってしまった雑菌がそのまま残り、繁殖する可能性があります。

    ウォーターサーバーを使用する際は清潔な状態を保ち、開封したボトルは早めに飲み切るようにしましょう。

    安全性に注意する

    安全性 ウォーターサーバー

    ウォーターサーバーは冷水・温水どちらもすぐに使用できるのが魅力の一つ。度々心配されるのが、小さな子どもによる温水の事故です。

    誤って温水レバーに触ってしまい火傷をしてしまったというトラブルが実際に起きています。

     最近は安全性能の高い機能が搭載されたウォーターサーバーが増えてきているため、チェックしてみましょう。

    例えばチャイルドロック機能や転倒防止機能などがあります。

    小さな子どもがいる家庭でウォーターサーバーを導入する場合は、特に気を付けたほうがよいですね。

    設置スペースをよく確認する

    自宅にウォーターサーバーを導入する場合は、設置スペースをよく確認しましょう。性能の良いウォーターサーバーは広いスペースを必要とするケースが多いです。

     キッチン・リビング周りに十分なスペースがあるか、導入前によく確認しておくことをおすすめします。

    スリムタイプのウォーターサーバーを提供している会社もあるので、複数社を比較検討してみるとよいでしょう。

    安全・衛生機能の高いおすすめのウォーターサーバー5選

    塩素を含まずおいしい水を飲めるウォーターサーバーについて紹介してきました。ここからは安全・衛生面を考慮したおすすめのウォーターサーバーを5つ紹介します。

    水道水の塩素濃度が高く困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

    プレミアムウォーター

    プレミアムウォーターの基本情報

    プレミアムウォーターのおすすめポイント
    • シェア・満足度No.1を誇るウォーターサーバー
    • 4段階フィルターによる徹底除菌で安心・安全
    • 「非加熱処理」による自然のおいしさ
    • 面倒なボトル返却が必要ないワンウェイ宅配システム
    • 電気代は月額約490円~とコスパ良し
      ※公式サイト参照

    2021年度優秀品質採光金賞・優秀品質金賞を受賞※1)しているプレミアムウォーター。さらに数多くあるウォーターサーバーの中でもシェア・満足度ともにNo.1(※2)です。

    多くの人に親しまれているウォーターサーバーというだけで安心して使用できますね。

    プレミアムウォーターは地下水脈からくみ上げた原水を、4段階のフィルターを通して除菌した軟水が特徴。

    独自の厳しい品質管理規定を設けており、さらに毎日定期的に水質検査も行う徹底ぶりです。安心・安全な軟水で、赤ちゃんでもおいしく飲めます。

    料金 1ボトル1,987円(12L・税込)
    サーバータイプ 床置き・卓上
    水の種類 天然水
    配送地域 全国

    ※1:日本流通産業新聞社調べ(2020年12月末時点)
    ※2:マイボイスコム調べ(2020年7月「ウォーターサーバーの利用に関する調査」にて利用経験者の満足度 NO.1)

    コスモウォーター

    コスモウォーター

    コスモウォーターのおすすめポイント
    • 味覚品評会で世界初三冠受賞
    • 特許取得の「クリーンエア」で雑菌の繁殖を防止
    • 120項目を超える独自基準で品質を徹底管理
    • 片手で簡単にボトル交換できる

    イタリアで開催される味覚品評会「International Taste Awards」にて、金賞・最高得点金賞・TOP50アワードを受賞。世界初三冠の受賞を果たしたウォーターサーバーです。

    コスモウォーターの一番の特徴は、特許を取得した衛生管理技術「クリーンエア」

     サーバー内に取り込む空気をクリーン処理することにより、雑菌の繁殖を防ぎます。塩素の含まないウォーターサーバーでも雑菌の繁殖を防げるのは、とても画期的な仕組みです。

    さらに天然水の製造は120項目以上の独自基準を設け、品質を徹底管理。厳しい基準をクリアした天然水のみを出荷しているのです。

    そしてこれまでに放射性物質が確認されたことはありません。

    おいしい天然水を最後の一滴まで安心・安全に楽しめるのが魅力的ですね。
    料金 1ボトル2,052円(12L・税込)
    サーバータイプ 床置き
    水の種類 天然水
    配送地域 全国

    クリクラ

    クリクラスクショ

    クリクラのおすすめポイント
    • 赤ちゃんのミルク・離乳食にも使用されている
    • 世界基準の衛生管理システムを持つHACCP認証工場で製造
    • サーバーレンタル料・入会金・宅配料が無料

    クリクラは逆浸透膜システム(RO膜)を用いた水が特徴。560もの産院で導入されているウォーターサーバーで、赤ちゃんのミルク・離乳食に使用されています。

    良質のミネラルをバランスよく含んでいるため、口当たりまろやかです。そのままごくごくと飲むのはもちろん、ごはんや出汁に活用するのもおすすめ

    うまみ成分が軟水によく溶け出すため、より一層おいしい料理を味わえます。

    さらにクリクラの工場は世界基準の衛生管理システムを持つHACCP認証工場であり、安全性が保証されているのです。

    製造工程全て人の手を加えずオートメーション化することにより、衛生的な環境を維持。衛生面に特に気を遣っているウォーターサーバーといえるでしょう。

    料金 1ボトル1,460円(12L・税込)
    サーバータイプ 床置き・卓上
    水の種類 RO水
    配送地域 全国

    アクアクララ

    アクアクララ

    アクアクララのおすすめポイント
    • 独自のミネラル成分配合比率
    • 1000万分の1mmまでの不純物を除去し純水に近いおいしさを実現
    • 月々にかかるのは「あんしんサポート料」とボトル代のみ
    • 専任スタッフによる定期メンテナンスで安心・安全

    日本人がおいしいと感じる水の硬度を研究し、理想的な味を実現したウォーターサーバー。

    4種のミネラル成分の配合比率はアクアクララ独自のもの。ほかのウォーターサーバーには出せないおいしさが特徴です。

     逆浸透膜システム(RO膜)により1000万分の1mmまでの不純物を除去しているため、純水にとても近い仕上がりになっています。

    アクアクララの製造工場では、定期的な研修や試験を実施。試験に合格した資格者しか作業を行えないなど、品質が厳しく管理されています。

    料金 1ボトル1,404円(12L・税込)
    サーバータイプ 床置き
    水の種類 RO水
    配送地域 全国

    フレシャス

    フレシャスウォータースクショ

    フレシャスのおすすめポイント
    • 産地直送の天然水で3種類から選べる
    • 軽量パック式だから簡単に交換できる
    • クリーニング機能・無菌エアレスパック内臓で安全
    • グッドデザイン賞受賞の洗練されたデザイン性

    フレシャスの天然水は、採水地より直送されます。選べる天然水は3種類。フレシャス富士・フレシャス朝霧高原・フレシャス木曽です。

    天然のミネラルを含む軟水はミルク・離乳食にも使用できます。

    ウォーターサーバー本体にはクリーニング機能・無菌エアレスパックを備えているため、安全性も十分です。雑菌が入り込むことによる品質低下などの心配を最小限に抑えられるのが魅力的ですね。

    料金 1ボトル1,506円(9.3L・税込)
    サーバータイプ 床置き
    水の種類 天然水
    配送地域 全国

    まとめ

    水道水に塩素が含まれる理由・除去する方法と合わせてウォーターサーバーについて紹介しました。塩素除去はその都度手間がかかるため、ウォーターサーバーを導入するのがおすすめです。

    今回の記事を参考に、おいしく安全なウォーターサーバーを探してみてくださいね。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事