硬水と軟水の違いとは?おすすめのウォーターサーバー9社を紹介

ウォーターサーバーにはたくさんの種類があり、どう選ぶべきか迷う方も少なくありません。

そんな方のために、今回はウォーターサーバーを選ぶ際にポイントとなる「硬水」と「軟水」の違いや、それぞれのメリット・デメリットなどを解説します。

また、硬水と軟水でおすすめのウォーターサーバーもそれぞれご紹介していきます。

硬水と軟水の違いとは?

硬水と軟水の違いとは?

硬水・軟水といった水の種類は「硬度」の違いで決まります。

水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量から、WHO(世界保健機関)の基準で以下のように硬度が算出されます。

硬度 水の種類
0~60mg/l未満 軟水
60~120mg/l未満 中程度の軟水
120~180mg/l未満 硬水
180mg/l以上 非常な硬水

日本での硬度の分類基準は、~100mg/lが軟水、101~300mg/lが中硬水、301~mg/lが硬水となり若干異なります。

 水の硬度は採水する各地域によって異なり、一般的に日本は軟水、ヨーロッパには硬水が多いのが特徴です。

硬水は軟水に比べミネラル量が多く含まれますが、理由は水がろ過される過程にあります。日本の地形上、山から海への急な傾斜に比例して水の流れが早くなり、ミネラル量は硬水ほど多くは含まれません。

一方でヨーロッパの地形は比較的緩やかな傾斜を水が流れ、さらにミネラルを多く含んだ石灰岩でろ過されるため、ミネラル量の多い硬水が流通しています。

ここからは、硬水と軟水それぞれの特徴と、メリット・デメリットについて解説します。

硬水とは?メリット・デメリットを紹介

硬水とは?メリット・デメリットを紹介

上述のように硬水とは硬度の高いものを指し、主な特徴は以下です。

マグネシウム・カルシウムの含有量 多い
基準(日本国内) 硬度301mg/l〜
採水地 主にヨーロッパ
主な製品 コントレックス・ペリエ・エビアン・ヴィッテルなど
水の味 やや苦味がある
おすすめ料理 パスタ・パエリア・煮込み料理など

ダイエットや健康維持として効果的とも言われる硬水ですが、苦味を感じやすい口当たりが特徴的です。

 また「硬水」ではなく「鉱水」と表記された水がありますが、同じ読み方でも全くの別物となります。

鉱水とは、農林水産省によって指定された基準でミネラル成分を含む地下水をポンプなどで採水したものを言うため、硬水との違いに注意してください。

硬水のメリット

硬水の最大のメリットはミネラルが多く含まれることであり、健康面での効果が期待できます。

 洋食系の料理に使用すると不足したミネラルを摂取できるだけでなく、煮崩れを防いで美味しく調理することができるでしょう。

また硬水はダイエットにも最適で、その効果は以下の5つです。

硬水の効果5つ
  • 便秘改善
  • ミネラル補給
  • 基礎代謝の向上
  • 脂肪吸収の抑制
  • 動脈硬化のリスク減

まずは硬水に多く含まれるマグネシウムによる便秘改善が期待でき、朝に1杯の硬水を飲むことで便意を促す効果があるとされています。

ミネラルは身体の動きを活性化させるために必要な栄養素であり、ミネラルの摂取に伴って基礎代謝の向上や、ミネラルに含まれるカルシウムによって脂肪吸収の抑制にも繋がるといわれています。

体内の循環を良くすることで、脳梗塞や心筋梗塞を含む動脈硬化のリスクを減らしてくれることでしょう。

硬水を健康維持に取り入れ、効果を得るためには1日に2~4杯が良いとされています。 目安として参考にしてみてください。

硬水のデメリット

硬水のデメリットで有名なのが、お腹の調子が緩くなってしまう可能性があることです。

日本で流通する水の多くが軟水、そして水道水も基本的には軟水が流れるため、身体そのものに合わなかったり慣れていない人がいるからです。

健康に効果的と言われる硬水ですが、デメリットとしては以下が挙げられます。

硬水のデメリット3つ
  • お腹への負担
  • 味が独特
  • 髪質や肌質の悪化

まずは上述でも挙げたように、お腹への負担から硬水が合わない方もいることがデメリットの一つです。

健康促進のために硬水を飲んでいるのに、それが原因でお腹を下してしまっては本末転倒ですよね。
 対策としては硬水の中でも硬度の低いものから飲み始め、お腹の調子を見つつ取り入れていくのが良いでしょう。

また、普段軟水を飲む方にとって硬水はやや苦味を感じる口当たりのため、その独特な味を苦手とする方もいます。 単純に味に慣れていないことが原因ですが、軟水に慣れている日本人にとっては仕方のないことなのかもしれません。

最後の髪質や肌質の悪化に関して該当する方は少ないかもしれませんが、硬水で身体を洗うことによる影響も懸念されます。

 ミネラルの多く含まれる硬水は石鹸の泡切れを悪くし、その結果すすぎ残しから髪質や肌質の悪化を招く恐れがあります。

シャワー時にはなるべく硬水を使用しないのが得策と言えるでしょう。
硬水はこんな方におすすめ!

健康維持やダイエットの手助けにしたい方にはおすすめです。

人それぞれで合う・合わないがあるため一概には言えませんが、程良い摂取で体の調子を整える手助けとなることでしょう。

硬水を飲もうか検討している方は、始めは硬度の高すぎないものからチャレンジしてみることをおすすめします。

軟水とは?メリット・デメリットを紹介

軟水とは?メリット・デメリットを紹介

先ほど申したように軟水とは硬度の低いものを指し、主な特徴は以下です。

マグネシウム・カルシウムの含有量 硬水より少ない
基準(日本国内) 硬度~100mg/l
採水地 ヨーロッパを除く地域
主な製品 国産天然水・クリスタルガイザー・ボルヴィック
水の味 無味
おすすめ料理 主に日本食

飲み物に使われる水に関しては、紅茶やコーヒーは硬水で入れると苦味が増してしまうため一般的に軟水が適していると言われます。

 軟水は日本人の舌によく慣れ、水道水で流れるほとんどの水が軟水です。硬水のような独特な特徴はなく、その特徴のなさが口当たりのよい飲みやすさとも言えるでしょう。

一方でお酒を作る際には硬水・軟水両者ともに利点が存在し、硬水は辛口で深い味わいに、軟水は軽めでなめらかな口当たりを楽しむことができます。

軟水のメリット

軟水の最大のメリットはクセのない飲みやすさであり、多くの日本人に好まれています。軟水のメリットをまとめると以下のとおりです。

軟水のメリット5つ
  • お腹への負担が少ない
  • 赤ちゃんも安心して飲める
  • 泡立ちが良い
  • 肌への使用もOK
  • 多くの用途で使用可

硬水が体に合わなかった方は特に、軟水を適度に摂取して健康維持をするといいかもしれません。また、体に優しいことから赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

 軟水はミネラル成分が少なく体に優しい水のため、硬水と比較するとお腹への負担が少ないのが利点と言えるでしょう。

さらに、軟水は硬水と比較して泡立ちが良いため、もちろん肌への使用も安心して利用できます。

軟水は硬水のように目立った特徴や独特な点がないため、汎用性が高くさまざまな用途で使用できますよ。

軟水のデメリット

日常生活ほぼ全ての用途で使用できる軟水は、これと言ってデメリットはありません

強いて挙げるならば「ミネラル補給が十分にできないこと」でしょう。

しかし、硬水と比較してミネラルが低いという訳であり、軟水を生活に取り入れるのであれば水以外の部分でミネラルを摂取できれば問題ありません

 ミネラル豊富な食べ物や飲み物で不足した栄養素を補うことも可能です。

本記事で紹介するウォーターサーバーメーカのアクアクララでは理想的なミネラルバランスの軟水が提供されていたりもするため、一概に「軟水ではミネラル不足になる」とは言えません。

【軟水】おすすめウォーターサーバー7選

続いて、日本国内で多く流通している軟水のウォーターサーバーをご紹介します。

軟水のウォーターサーバーは種類が多く、「どれを選ぶべきかわからない…」という方も多いことでしょう。今回はそのような悩みに対し、総合的に見ておすすめのウォーターサーバーを7つまとめました。

ぜひ、ウォーターサーバーを選ぶ際の参考にしてみてください。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターの基本情報

プレミアムウォーターは、天然水ならではの飲みやすい口当たりが特徴です。全て軟水を使用していますが、採水地ごとによって硬度が異なり、それぞれで以下の数値となっております。

採水地 硬度
富士吉田 25mg/l
北アルプス 29mg/l
朝来 45mg/l
金城 83mg/l
南阿蘇 36mg/l
ウォーターサーバー業界でNo.1のシェアを誇るプレミアムウォーターは、省スペース対応や多くのデザインでより一人ひとりに合ったものを選ぶことができます。

レンタル料・送料共に無料なのも嬉しいポイントですね。
料金 1ボトル1,987円(12L・税込) ※通常プランの場合。2ボトルセットで配送。
サーバータイプ
  • 床置型
  • 卓上型
水の種類 天然水(軟水)
配送地域 全国  ※地域により送料追加

出典:https://premium-water.net/

コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーター

コスモウォーターは、ウォーターサーバーの中でも圧倒的なコストパフォーマンスを誇る特徴があります。

また重くて大変なボトル交換も、コスモウォーターは足元のボトルをスライドで交換するだけなので、女性や子供でもラクラク行えるでしょう。

 一般的に多く見られる硬い素材のガロンボトルではなく、簡単に潰せるワンウェイボトルを採用しているため、飲み終わったゴミの処分まで楽に行えます。

さらにワンウェイボトルは減った水の量に合わせて容器が収縮するため、余計な空気が溜まらず最後まで新鮮な水を味わうことができます。

機能だけでなく、さまざまなデザインのカラーバリエーションから選べるので、インテリアにも馴染みやすそうです。
料金 1ボトル2,052円(12L・税込) ※通常プランの場合。2ボトルセットで配送。
サーバータイプ 床置型
水の種類 天然水(軟水)
配送地域 全国

出典:https://www.cosmowater.com/

アクアクララ

アクアクララ

RO水の特徴
  • 食品衛生法、水道法の基準を満たした原水
  • 雑菌処理前でも飲める安全な水
  • 逆浸透膜(RO膜)によるろ過で不純物を除去
  • 別名「ピュアウォーター」「純水」

アクアクララは、独自の「RO膜」でろ過されたミネラル成分配合の水を使用しているウォーターサーバーです。

不純物を除去した水が手に届く価格で飲めるとして人気を集めています。

また、料金形態として「月々の飲料水代+あんしんサポート料(1,100円〜)」となっております。

 一見運用コストが高く感じてしまいがちですが、他のウォーターサーバーと比較すると万が一のトラブル時に追加費用を払う必要がなくなるため、長期的に見て安心して利用できるといえるでしょう。
料金 1ボトル1,404円(12L・税込)
サーバータイプ 床置型
水の種類 RO水(軟水)
配送地域 全国

出典:https://www.aquaclara.co.jp/

アルピナウォーター

アルピナウォーター

アルピナウォーターは、名水百選にも選ばれた飛騨山脈「北アルプス」の天然水を比較的安く利用することができます。

 卓上型のみの提供となっており、一人暮らしから家族の多い家庭まで幅広い方の生活空間に対応しています。

他社のウォーターサーバーの利用料を月平均で比較すると約1,000円〜1,500円もの差となるため、かなり安く利用することができますよ。
料金 1ボトル1,134円(12L・税込)
サーバータイプ 床置型
水の種類 天然水(軟水)
配送地域 全国 ※一部地域を除く

出典:https://www.alpina-water.jp/

サントリー天然水 ウォーターサーバー

サントリー天然水 ウォーターサーバー

サントリー天然水のウォーターサーバーは、ミネラルウォーター市場で最も売れている「サントリー天然水」を家庭でいつでも飲むことができます。

 細かな水の温度調節が可能なのが特徴的で、温水・冷水だけでなく「4段階の温度調節」が可能なため、気候や好みに合わせて変更できるのが強みと言えます。

さらに弱モードにすることで節約効果もあるため、電気代を節約したい方にとっては嬉しいポイントですね。
料金 1ボトル1,350円(7.8L・税込)
サーバータイプ 床置型
水の種類 天然水(軟水)
配送地域 全国

出典:https://www.suntoryws.com/

ピュアハワイアン

ピュアハワイアン

ピュアハワイアンは、地球で最も自然環境の良いハワイの天然水が飲めるウォーターサーバーのサービスです。

 ろ過方法はRO膜による不純物の除去で、安全で高品質の水を利用することができます。

サーバーは水素水を含め3種類あります。

  • レンタル料金0円のスタンダートサーバー
  • レンタル料金月額330円のエコサーバー
  • レンタル料金月額1,100円の水素水サーバー

天然水ではなく「水素水」の利用もできるため、より健康を求める方は検討してみても良いかもしれません。
料金 1ボトル1,944円(11.4L・税込)
サーバータイプ 床置型
水の種類 RO水(軟水)
配送地域 全国

出典:https://www.hawaiiwater.co.jp/

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは業界最安値を誇るウォーターサーバーで、その料金は12Lボトルで1,350円から利用可能です。

水以外の初期費用やレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料のため、飲んだ分だけの支払いでOKなのが特徴的です。

 ウォーターサーバーを初めて利用する方や、大量に水を消費しない方にとっては特にお得なサービスと言えるでしょう。

ペットボトル500mlあたりに換算しても56円ほどなので、他社のウォーターサーバーよりも格安に利用できます。
料金 1ボトル1,350円(12L・税込)
サーバータイプ 床置型
水の種類 RO水(軟水)
配送地域 全国

出典:https://onewaywater.com/

【硬水】おすすめウォーターサーバー2選

まずは、硬水に対応しているおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。日本で使用される水のほとんどが軟水であり、それに伴い流通するウォーターサーバーの大半が軟水です。

 硬水のウォーターサーバーは硬度101~300mg/lとされる中硬水も含め、数えるほどしかありません。

ウォーターサーバーを選ぶ際の参考にしてみてください。

森の天水

森の天水

森の天水は、国内でも数少ない硬水が飲めるウォーターサーバーです。硬度は137mg/lと、WHOの基準では硬水、国内基準では中硬水に分類されます。

 四国剣山の地下水を原水とし、最小限の処理方法を用いたナチュラルミネラルウォーターを使用しているため、うま味を生かした味わいを楽しめるでしょう。

スタンド型だと置き場に困るという方は、スペースを要さない卓上型が選べます。

老人介護施設でも利用されているため、子どもからお年寄りまで安心して飲むことができますよ。
料金 1ボトル1,075円(11.3L・税込) ※通常2ボトルセットで配送
サーバータイプ スタンド型 卓上型
水の種類 天然水(硬水)
配送地域 全国(北海道・沖縄を除く)

出典:http://morino-tensui.jp/

ぞっこん水

ぞっこん水

ぞっこん水は非加熱処理の天然水を使用しており、硬度101.5mg/lの中硬水に当たります。

体内で作られることができないケイ素(ミネラル成分)を含む水が飲めるのは、四国カルストの土地から採水される水の特徴です。

 ウォーターサーバーのレンタル料金が無料である点は、嬉しいポイントと言えるでしょう。

2Lのペットボトルでも水の販売がされているため、お試しとしてぞっこん水を飲むこともできそうです。
料金
  • 1ボトル1,728円(12L・税込)
  • 1ボトル1,300円(8L・税込)

※通常2ボトルセットで配送

サーバータイプ
  • 床置式 
  • 卓上式
水の種類 天然水(中硬水)
配送地域 全国

出典:https://www.zokkon.co.jp/gallon/sp/

硬水と軟水に関するよくある質問

硬水と軟水の違いって何?
硬水と軟水の基準は水の「硬度」で決まり、国内では一般的に~100mg/lが軟水、101~300mg/lが中硬水、301~mg/lが硬水に分類されます。硬水は苦めの口当たり、軟水は飲みやすい軽やかさが特徴ですが、硬水の方がミネラル成分が豊富でダイエットや健康維持に効果的です。 しかし軟水にもミネラル成分が豊富なものがあったり、水以外からミネラルを摂取することも可能なため、一概に「硬水を飲めば健康に繋がる」とは言えない点だけ注意してください。
硬水がおすすめなのはどんな人?
硬水は以下のような効果があり、基本的には健康やダイエット目的で飲む方が多いです。

  • 便秘改善
  • ミネラル補給
  • 基礎代謝の向上
  • 脂肪吸収の抑制
  • 動脈硬化のリスク減

効果的なのは朝1杯の硬水を飲むことで、便意を促し腸のはたらきを良くすると言われています。 さらに動脈硬化等の予防にも繋がるため、硬水を取り入れるのは健康を意識した生活をする上でおすすめです。

軟水がおすすめなのはどんな人?

軟水は「まず水を健康のために習慣化したい」という方にオススメです。

硬水のようにクセがない軟水は口当たりの良い飲みやすさが特徴的であり、初めてウォーターサーバーを利用する方は軟水から始めてみると良いかもしれません。

また軟水はウォーターサーバーのラインナップが多いため、一人ひとりにあった特徴の水を選ぶことができるでしょう。

健康に効果的なのはどっち?

まず言えるのは、両者ともに生活に水を取り入れるのは健康の維持につながります。

その上で強いて言うならば、硬水に含まれるミネラルの栄養素が効果的といったところですが、ミネラル豊富な軟水やミネラルが含まれる食べ物を摂取することで対策は可能です。

無理して硬度の高い硬水を飲むのではなく、始めは中硬水あたりから飲み始めてみるのが良いでしょう。

ウォーターサーバーの運用コストが安いのはどっち?

前提として、硬水に対応したウォーターサーバーは少ないのが現状です。

それを踏まえた話にはなりますが、軟水の方が種類が豊富で最安値のウォーターサーバーが揃っているのも事実です。

総合的な運用コストで考えるとお得なのは軟水とも言えますが、「安く水を飲みたい」のか、「健康のために水を取り入れたい」のか、検討してみることをおすすめいたします。

硬水を飲むとお腹が緩くなるって聞いたけど実際どうなの?

実際に、硬水でお腹を下してしまうケースも少なくありません。

その理由は日本国内で流れる水の多くが軟水であり、「体が硬水に慣れていないから」です。

とはいえ健康面での効果が期待できるのが硬水の最大の強みであるため、硬水を取り入れたい方は硬度の高すぎないものから試していくのが良いといえるでしょう。

まとめ

本記事では、硬水と軟水の違いについてや、それぞれの水の種類でおすすめのウォーターサーバーをご紹介しました。

最後に、硬水と軟水の違いについて確認しておきましょう。

硬水と軟水の違い
  • 硬度~100mg/lが軟水、101~300mg/lが中硬水、301~mg/lが硬水
  • 硬水はミネラル豊富で健康面に効果
  • 軟水は日本人によく飲まれ、軽い口当たり
  • 難点として、硬水はお腹を壊す可能性がある
  • 硬水の方が苦くて口当たりが重い

目的に合わせた水の種類を選び、健康に繋げていくのがおすすめです。

今回紹介した内容をもとに、ウォーターサーバーを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事