育毛剤と発毛剤の違いとは?効果・成分・副作用など徹底解説!

薄毛対策のために、育毛剤や発毛剤を使用していたり使用を検討していたりする人は少なくありません。しかし中には、育毛剤と発毛剤の効果を混同してしまい、正しく使えていない人もいます。

育毛剤と発毛剤は使う目的が違います。目的を間違って使っていると、期待通りの効果は得られません。そこで今回は、育毛剤と発毛剤の違いを薬機法の分類や効果など様々な観点で解説します。

副作用や注意点もまとめているので、合わせてチェックしてください。

※本記事は、いかなる医学的助言を提供するものでもありません。ご自身の症状やそれに対する治療法等につきましては、必ず医師に相談していただきますようお願いいたします。また、本記事内の薬効等の記載は、全て公式ページまたは医師の執筆・監修した記事を出典として用いております。

育毛剤と発毛剤は何が違うのか?

育毛剤と発毛剤では、薬機法上の分類がちがいます。薬機法とは2014年に「薬事法」改名により登場した名称です。

育毛剤や発毛剤のようなヘアケア製品に関しても、品質や有効性について法律で細かく定められています。

薬機法による分類

育毛剤と発毛剤は何が違うのか?

育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「医薬品」に分けられます。

参照:https://scalp-d.angfa-store.jp/column/difference/

医薬部外品とは

医薬部外品には「指定医薬部外品」「医薬部外品」「防除用医薬部外品」の3種類があります。

 使用目的としては幅広いですが、髪に関していえば脱毛の防止や育毛などのために使われるものです。

育毛剤の他に、医薬部外品には「薬用化粧品」「ヘアカラー剤」「制汗剤」などの製品があります。これらはドラッグストアだけでなく、コンビニをはじめ一般の小売店でも購入できます。

医薬品とは

医薬品には「医療用医薬品」と「OTC医薬品」があります。いずれも「病気の診断や治療、予防」のために使われるものです。

 「医療用医薬品」を購入するためには、医師の処方箋が必要です。「OTC医薬品」は、薬剤師や登録販売師の助言を受けられるドラッグストアなどで購入できます。

発毛剤の成分に含まれる「ミノキシジル」は濃度に応じて医師が処方するものと、ドラッグストアで購入できるものがあります。

参考
  • 濃度5%以上:医師が処方
  • 濃度1~5%:発毛剤(第一類医薬品)としてドラッグストアなどで市販されている

参照:https://www.arouge.com/labo/basic/quasi-drug.html
参照:https://www.uktsc.com/thestyledictionary/minoxidil-effect

養毛剤とは?

育毛剤と発毛剤は何が違うのか?

育毛剤や発毛剤と並んで「養毛剤」があります。こちらは、育毛剤の別名ですが「抜け毛の防止や毛髪保護用」のヘアケア製品として区別することもあるようです。

参照:https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/faq/hatsumouzai/

育毛剤と発毛剤の効果や成分の違い

育毛剤と発毛剤の効果は中身の違いについて、効果や成分の違いをわかりやすく解説します。

効果

育毛剤と発毛剤の効果や成分の違い

発毛剤と育毛剤の効果と働きをまとめると、下表のようになります。

効果 働き
育毛剤 抜け毛を防ぐ
  • 頭皮をきれいに保つ
  • 髪が育ちやすい環境を整える
  • 薄毛の原因物質ができるのを防ぐ
発毛剤 新しく髪の毛を増やす
  • 毛を作り出す場所の活性化
  • 血行促進により細胞に栄養を届きやすくする
  • 発毛促進

参照:https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_223.html

育毛剤には具体的に、髪の毛のハリやコシを出したり頭皮の保湿をしたりする効果があるとされています。

発毛剤は、髪のヘアサイクルを正常にして髪が生えてくる効果が期待できます。

成分

育毛剤と発毛剤の効果や成分の違い

育毛剤の成分

育毛剤には植物由来の成分などが多く含まれています。利用する目的よって使われる有効成分も様々です。

抜け毛予防の成分
  • 冬虫夏草エキス
  • キャピキシル
  • オレアノール酸
皮脂を抑制する成分分
  • ドクダミエキス
  • アスコルビン酸
  • イソフラボン
保湿成分
  • アルギニン
  • アロエエキス
髪の成長を促進させる成分
  • アデノシン
  • アルギニン
  • ナイアシンアミド

メーカーにより配合されている成分が違うので頭皮の状態に合った商品を選ぶことで、育毛剤の効果を得られやすくなります。

発毛剤の成分

発毛剤に主に含まれている成分は「ミノキシジル」です。ミノキシジルは外用薬として発毛効果が認められています。「日本皮膚科学会ガイドライン」でもミノキシジルの外用薬としての使用を推奨しています。

※出典:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 もともとは血圧を下げるための薬として処方されていたものですが、別の作用として「毛が生える」ということが報告されました。

ミノキシジルの効果をまとめると以下のようになります。

  • 血管拡張させて血行促進する
  • 毛包細胞の増殖を促す
  • 休眠している毛を活性させ発毛につなげる
  • 小さくなった毛包の育成促進
  • ヘアサイクルを正常化する

ミノキシジルには内服薬もありますが、こちらはAGAクリニックで処方されるため市販されていません。また、濃度5%を超えるのミノキシジルの外用薬も市販されていません。

参照:https://www.uktsc.com/thestyledictionary/minoxidil-effect

ミノキシジル濃度5%配合された発毛剤が「スカルプDメディカルミキノ5」です。

副作用の違い

育毛剤や発毛剤でも、使い方や体質に合わなかったりすれば副作用が出る可能性があります。育毛剤や発毛剤に共通しているのは「発疹」「かぶれ」「頭皮のかゆみ」「赤み」などです。

発毛剤は、さらに次のような副作用が発生する場合があります。

発毛剤の副作用の例
  • めまい
  • 頭痛
  • 手足のむくみ
  • 動悸
  • 胸の痛み
  • 急激な体重増加 など

発毛剤の有効成分である「ミノキシジル」はもともと血圧を下げるための薬として使用されていたため、育毛剤とは違う副作用が出ると考えられます。

参照:https://scalp-d.angfa-store.jp/column/difference/

発毛剤を使うことに不安がある方は、事前に医師や薬剤師に「使ってもよいか?」を確認するようにしてください。

育毛剤と発毛剤の使用法の違いは?

育毛剤と発毛剤の使い方を解説します。メーカーによる違いがありますので、容量など具体的な使用方法は商品の説明書に従って使うようにしましょう。

使用方法の違い

育毛剤と発毛剤の使用法の違いは?

育毛剤は「1日1回で済むもの」か「朝晩2回に分けるもの」の、どちからかがほとんどです。地肌につけることを意識しながら頭全体に揉みこむようにして塗っていきます。

使用期間はヘアサイクルがあるため、少なくとも半年以上を目安に使ってください。育毛剤は頭皮の健康維持が目的なので、即効性はありません。

一方で、発毛剤は基本的には1日2回、定められた容量を守って脱毛部分に直接塗っていきます。

 脱毛部分が多ければたくさん塗りたく気持ちもありますが、体への負担になりかねないので使い過ぎは良くありません。

発毛剤も効果を感じるまで数カ月ほどかかります。例えば、リアップシリーズの「プラスネオ」は4カ月、その他で6カ月ほどかかります。

参照:https://529270.com/blog/ikumou/91
参照:https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/aga/minoxidil
参照:https://brand.taisho.co.jp/riup/qanda/

育毛剤と発毛剤の塗り方の大きな違いは、「全体的に塗るのか」「脱毛部分塗るのか」という点です。両者とも、効果を感じるまでは数カ月はかかります。

育毛剤と発毛剤の共通点

育毛剤も発毛剤も成分を浸透させやすくするために、頭皮がきれいな状態で使用してください。夜はお風呂に入って洗髪後、ドライヤーで髪を乾かしてからが良いでしょう。

頭皮をマッサージして血行を良くすれば、効果が上がりやすいです。また、両方とも地肌に直接つけるように心がけてください。

参照:https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_269.html
参照:https://529270.com/blog/ikumou/105

育毛剤と発毛剤はどっちが向いている?

育毛剤と発毛剤はどっちが向ている?

育毛剤と発毛剤の大まかな違いは、「育毛剤は予防目的」「発毛剤は治療目的」です。そのため、まだ髪の毛が十分あるのに将来が心配だからと発毛剤を使うのはまだ早いと考えられます。

ここでは、育毛剤と発毛剤がどんな方に向いているのかを深掘りしていきましょう。どっちを選んで良いのか迷ったときの参考にしてください。

育毛剤が向いている人

  • 抜け毛を防止して今の髪を維持したい
  • 髪の毛を太くしたい
  • 今生えている髪のボリュームをアップさせたい
  • 今生えている髪にハリやコシを与えたい

育毛剤を使う決めてとなるポイントは「今ある髪に対してどうしたいか?」ということです。

参照:https://vitabrid.co.jp/articles/hair/ikumouzaikoka2011/

発毛剤が向いている人

  • 壮年性脱毛症の進行を防ぎたい
  • 壮年性脱毛症の抜け毛を防止したい
  • 前髪の生え際がM字やU字なっているのでこの部分の髪を生やしたい
  • つむじの髪を増やしたい

発毛剤を選ぶときのポイントは「壮年性脱毛症や薄くなった頭皮へアプローチ」です。

参照:https://vitabrid.co.jp/articles/hair/ikumouzaikoka2011/

育毛剤と発毛剤を併用してもいい?注意点は?

育毛剤と発毛剤を併用してもいい?注意点は?

「育毛剤と発毛剤を一緒に使えば相乗効果もあって良いのでは?」と考える方もいるでしょう。しかし、育毛剤と発毛剤の併用は避けてください。その理由は二つあります。

併用を避けるべき理由

  1. 成分の吸収を阻害する
  2. 副作用のリスクが増す可能性

育毛剤と発毛剤を組み合わせてしまうと、成分が十分に吸収されず、効果が出にくくなる可能性があります。

 複数の成分や薬品を同時に使うことで想定していない副作用が出る恐れもあります。

育毛剤にしても発毛剤にしても、複数の製品を同時に使うことを想定して作られていないので、併用すると思いがけない副作用が出てしまう可能性も否定できません。

参照:https://scalp-d.angfa-store.jp/column/difference/

併用のリスクは計り知れないため、自分に合った一つの製品を使い続けるようにしましょう。

ミノキシジルの注意点

育毛剤と発毛剤を併用してもいい?注意点は?

発毛剤の成分であるミノキシジルには併用を避けるべきものがあったり、気を付けなけらばならないことがあります。

ミノキシジルは育毛剤との併用だけでなく、軟膏や液剤などの外用薬と一緒に使わないようにしましょう。ミノキシジルの吸収に悪影響になる恐れがあります。

他の注意点をまとめるとこのようなこともあります。

  • 頭皮に炎症や湿疹、傷がある
  • 急激な脱毛や斑状に髪が抜けている
  • AGA以外の脱毛症(円型脱毛症など)には使用しない
  • 頭皮のみに使用する
  • 高血圧や低血圧、肝臓や心臓に疾患がある方は医師に相談する
  • 20歳未満の使用は日本での完全性の確立がない
  • 使用を中止すると効果が無くなり、症状が進む

参照:http://drgrow.jp/risk/minoxidil_external.html
参照:https://will-agaclinic.com/column/minoxidil_contraindications/

女性がミノキシジルを使う際の注意点

女性が使うときは以下の点にも注意するとともに、医師への相談をおすすめします。

  • 妊娠する可能性があるときは使用を避ける
  • 血圧が不安定
  • 男性向けの市販商品の使用はしない
  • 薄毛の原因を知って適切な使用をする

女性が薄毛になる場合は男性とは違う原因があります。ダイエットのし過ぎやホルモンバランスの異常なども考えられます。原因に対してミノキシジルが適切なのかの判断が必要です。

参照:https://www.agaskin-woman.jp/lab/usuge/minoxidil/

ミノキシジル配合の発毛剤はドラッグストアでも購入できますが、誰でも同じように使用できるとは限りません。注意点があることを理解して使うようにしましょう。

男性向け育毛剤おすすめ3選

ポリピュアEX

ポリピュアEX

おすすめポイント
  • 定期コースならずっと1,000円(税込)割引、送料無料、サイクル変更OK
  • 初回購入限定で45日間全額返金保証制度
  • 毛根へ直接アプローチする「バイオポリリン酸」は従来品よりさらに30%増量

ポリピュアEXは、育毛・養毛剤ランキング※1・総合男性ランキング※2で第1位を獲得している育毛剤です。モンドセレクションは9年連続金賞※3と品質も良いことがうかがえます。

 定期コースならずっと1,000円(税込)割引かつ送料無料で続けられるのでお得です。

育毛・発毛促進効果が認められ、成長期の髪をサポートする「バイオポリリン酸」※4が従来品よりさらに30%増量され、毛根に直接アプローチしてくれます。

初回限定で2回分のスカルプシャンプーが無料でもらえます。
分類 医薬部外品
内容量 120ml
通常価格(税込) 7,800円(送料別)
定期購入(税込) 6,800円
(送料無料)
※クレジットカードでの購入の場合
返金保証 45日間
※初回購入時限定

出典:https://529270.com/
※1 楽天週間ランキング 集計期間:2018年3月19日~3月25日 定期購入
※2 楽天デイリーランキング 集計期間:2017年4月25日 定期購入
※3 https://www.monde-selection.com/ja/product/medical-polypure-ex/
※4 酵母エキス(1):保湿

イクオス EXプラス

イクオス EXプラス

おすすめポイント
  • 定期コースなら初回550円(税込)割引、90日間返金保証付き&育毛情報冊子プレゼント
  • 2回目以降もずっと7,128円(税込)・送料無料で購入可能
  • 育毛業界No.1の有効成分数と全成分数を誇る124種類のこだわり成分が配合

イクオス EXプラスは、モンドセレクションを4年連続※5獲得、有効成分数と全成分数は育毛業界No.1※6を誇っている育毛剤です。

 定期コースなら、初回特別価格7,678円(税込)で購入できます。1本使い切っても90日間の返金保証が受けられるので安心です。

124種類のこだわり成分が配合されており、頭皮の保湿・頭皮環境を整えてくれます。

2回目以降もずっと7,128円(税込)・送料無料で購入できるので、お得に利用しましょう。
分類 医薬部外品
内容量 120ml
通常価格(税込) 12,800円(送料別)
定期購入(税込) 初回:6,578円
2回目以降:7,078円
(送料別)
返金保証 90日間
※定期購入商品の
初回購入時限定

※出典:https://iqos-official.jp/
※5 https://www.monde-selection.com/ja/product/chapup-shampoo-02-version-2020/
※6 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2019年7月1日〜2019年8月2日_実績調査

薬用毛髪力 イノベート

薬用毛髪力 イノベート

おすすめポイント
  • 頭皮に優しいクッションノズルを採用
  • 香りが気にならない無香料
  • 血行促進成分「ビタミンE誘導体」が、毛根の血流を改善

薬用毛髪力 イノベートは、血行促進成分「ビタミンE誘導体」が毛根の血流を改善して、髪の成長に必要な栄養をしっかり毛根に届けてくれる育毛剤です。

 頭皮に優しいクッションノズルを採用しているので、敏感肌の方も安心して塗布可能です。

発毛促進シグナルを増幅される「サイトプリン」と、発毛エネルギーを供給させる「ペンタデカン」が、タンパク質レベルで発毛を促してくれます。

無香料なので、香りが気になりません。
分類 医薬部外品
内容量 200ml
通常価格(税込) 4,500円(税込)※Amazon価格
定期購入(税込) なし(市販品)
返金保証 なし

出典:https://www.lion.co.jp/ja/products/317

育毛剤と発毛剤に関するQ&A

育毛剤と発毛剤の薬機法上の違いは?
育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「医薬品」に分けられます。医薬部外品である育毛剤は、脱毛の防止や今ある髪の毛を健康にするために使われるものです。対して、発毛剤は医薬品としてAGAの治療で使われます。
育毛剤と発毛剤のそれぞれの効果を教えてください。
育毛剤は「抜け毛を防ぐ」効果があります。具体的には、頭皮をきれいに保ったり、ハリやコシなど髪が育ちやすい環境を整えたりできます。発毛剤は「新しく髪の毛を生やす」効果があります。髪が薄くなった部分に使用します。
育毛剤と発毛剤にどのような成分が含まれていますか?
育毛剤には植物由来の成分をはじめ多くの種類があります。例えば、抜け毛予防の成分には「冬虫夏草エキス」「キャピキシル」「オレアノール酸」などです。発毛剤には「ミノキシジル」が含まれています。ミノキシジルはもともと血圧の薬として使われていた成分です。
副作用に違いがありますか?
使い方や体質にもよりますが、共通しているのは「発疹」「かぶれ」「頭皮のかゆみ」「赤み」などです。さらに、発毛剤には「めまい」「頭痛」「手足のむくみ」「動悸」などが起こる可能性もあります。
使用方法の違いを教えてください。
育毛剤は髪全体に使うことに対して、発毛剤は脱毛部分に直接塗ることです。どちらを使うにしてもメーカーが推奨している用量や使用方を守るようにしてください。また、数カ月かけて使うことも共通した使い方です。
育毛剤と発毛剤のどっち選んでよいのか分かりません。
「今ある髪の対して効果的なことをしたい」と思う場合は育毛剤、「薄くなった部分の髪を生やしたい」と思う場合は発毛剤が良いでしょう。併用すると思わぬ副作用の原因になる恐れがあるので、併用は避けましょう。
ミノキシジルの注意点は何ですか?
頭皮に炎症や湿疹、傷があると症状が悪化する恐れがあります。AGA以外の薄毛に使用するのは止めてください。また、高血圧や低血圧、肝臓や心臓に疾患がある方は、医師に相談してから判断するようにしましょう。

まとめ

今回は、育毛剤と発毛剤の違いについて、わかりやすく解説しました。育毛剤は今ある髪の毛を健康に育て、抜け毛を防止するものです。一方の発毛剤には、新しい髪の毛を生やす効果が期待できます。

育毛剤と発毛剤の違いを理解せずに使っていると、まったく効果がないと商品に不満を感じてしまうでしょう。そのため、自分に適しているのが育毛剤なのか発毛剤なのか、把握しておくことが大切です。

※出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000202.000013377.html

育毛剤と発毛剤の必要性を理解して使えば、期待通り効果を感じられる可能性が高くなるでしょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事