医療脱毛と脱毛サロンは違う?全身脱毛方法を紹介

家庭でいつでも脱毛できることから人気が高まっている家庭用脱毛器。

しかし、さまざまな機種が発売されているため「正直どれを選べばいいのかわからない…」という人もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、家庭用脱毛器のおすすめ10選を紹介します。1照射当たりの料金が安い機種や家庭用脱毛器のメリットも解説しています。脱毛器を検討している方はぜひ参考にしてください。

記事後半では、選び方や注意点も説明してますよ。最後までご覧くださいね。

家庭用脱毛器のおすすめ10選

早速、家庭用脱毛器のおすすめを10個紹介します。価格だけでなく、それぞれの特徴を比較しながら読んでみてください。

※価格は2021年7月18日時点における各公式サイト、Amazon公式ショップ、楽天市場公式ショップでの販売価格のうち最安を記載。

エムテック「KE-NON(ケノン)」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

ケノンは日本人向けに製造された高機能の脱毛器です。6連射機能や10段階のパワー調節など、肌の状態や部位に合わせて安全に照射できます。ハンドピースの重さはわずか120gの超軽量です。

1照射が0.4秒なので、待ち時間を感じません。
価格 66,310円(税込)
※Amazon販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
照射回数 最大300万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 可能
パワー調節 10段階
重量 約120g

参照:https://mteck.jp/

ヤーマン「レイボーテRフラッシュハイパーPLUS」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

美顔器としても使える脱毛器です。照射面積が9.24㎠と広く、全身ケアがわずか3分で可能です。

V,Iゾーンまで対応できる「VIヘッド」、鼻の下などの狭い部位もケアできる「LEDヘッド」など用途に合わせてヘッドを使い分けられます。

日本人の肌に合わせて開発されており、美肌効果も期待している方にはおすすめです。

※ヤーマン公式サイトより

価格 79,200円(税込)
※公式サイト価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
※Oゾーン除く
照射回数 最大90万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 可能
パワー調節 5段階
重量 約470g

参照:https://www.ya-man.com/brand/yaman/

ブラウン「シルクエキスパートPro5」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

世界唯一フラッシュ自動システムを搭載した脱毛器です。肌の色を自動で読み取り、光量を自動調節してくれます。パワー調節は10段階に分かれているので、より細かく調節できるのが特徴です。

自動調節してくれるので、安全で効率的に脱毛ができますよ。

※ブラウンの公式サイトより

価格 49,900円(税込)
※amazon販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
※顔、I、Oゾーン除く
照射回数 最大40万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 不可
パワー調節 10段階
重量 約470g

参照:https://www.braun.jp/ja-jp

パナソニック 「光エステ ES-WP97」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

大手電機メーカーであるパナソニックの脱毛器です。ハイパワー照射モードなら、太い毛や男性の髭にも対応します。照射面積は広い8.3㎠なので、照射漏れが起こりにくく短時間でケアできます。

1分間に60連射ができるスピード照射モードもあります。

※ボディ、Vゾーン用アタッチメント使用時(パナソニック公式サイトより)

価格 72,980円(税込)
※amazon販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
※Oゾーン除く
照射回数 最大30万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 不可
パワー調節 5段階
重量 約402g

参照:https://panasonic.jp/

CyDen「スムーズスキン bare plus」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

1照射が0.6秒と照射スピードが非常に速いのが特徴です。照射間の待ち時間が短くストレスに感じることもないでしょう。シンプルな操作性とスタイリッシュなデザインも魅力の1つです。

本体のカラーは4色(ブラック・ホワイト・ピンク・ヌード)から選べますよ。
価格 16,000円(税込)
※Amazon販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
※I、Oゾーン除く
照射回数 最大100万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 不可
パワー調節 1段階
重量 約200g

参照:https://mysmoothskin.jp/

Sarlisi「IPL脱毛器」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

本体価格は12,980円(税込)の安さを誇ります。安いだけでなく照射回数も最大60万回と十分な回数です。9段階のパワー調節があり、痛みに弱い方でも使いやすいでしょう。

購入後1年間の無料保証もついているので安心です。
価格 12,980円(税込)
※楽天市場販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
照射回数 最大60万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 不可
パワー調節 9段階
重量 約300g

参照:https://www.rakuten.ne.jp/gold/sarlisi/

フィリップス「ルメアプレステージBRI948/70」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

体の部位に合わせた4種類(脇、ビキニエリア、体、顔)のアタッチメントがあります。

部位ごとに分けて使用することで最適な脱毛効果を得られるでしょう。アジア人の肌で安全性テストを実施しているので、安心して使えます。

スマートスキンセンサー機能で、最適な照射レベルを簡単に選択できます。
価格 53,973円(税込)
※amazon販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
※I、Oゾーン除く
照射回数 最大25万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 不可
パワー調節 5段階
重量 約300g

参照:https://www.philips.co.jp/

セドナエンタープライズ「脱毛ラボ ホームエディション」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

脱毛サロンとして有名な脱毛ラボが考案した脱毛器です。冷却機能を搭載しており、使用前後の冷却やジェルは不要です。ボタン2つで完結する簡単な操作なので、初心者の方でも扱いやすいでしょう。

277gと軽量だから腕も疲れません。
価格 41,700円(税込)
※amazon販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
照射回数 最大30万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 不可
パワー調節 5段階
重量 約277g

参照:https://elabo-shop.jp/shop/pages/dl001.aspx

トリア「パーソナルレーザー脱毛器 4X」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

トリアは家庭用脱毛器の中では唯一レーザー式を採用しています。レーザー式は医療脱毛と同タイプの照射方法なので、フラッシュ式よりも効果が出やすいのが特徴です。

比較的短期間で効果を出したい方にはおすすめです。

※トリア公式サイトより

価格 40,530円(税込)
※公式サイト価格
タイプ レーザー式
照射可能部位 全身
※I、Oゾーン除く
照射回数 制限なし
カートリッジ交換 不可
パワー調節 5段階
重量 約584g

参照:https://www.triabeauty.co.jp/home-laser-hair-removal

アイリスオーヤマ「エピレタ」

家庭用脱毛器のおすすめ10選

本体価格が19,800円(税込)と安いのが特徴です。安さだけではなく、脱毛機能も充実しています。特許技術の光技術HPLで、光の照射と超音波の振動で脱毛を行います。

肌が弱い方やトラブルを抱えやすい方にもおすすめの商品です。

※アイリスオーヤマ公式サイトより

価格 12,570円(税込)
※Amazon販売価格
タイプ フラッシュ式
照射可能部位 全身
※I、Oゾーン除く
照射回数 最大15万回
※レベルにより異なる
カートリッジ交換 不可
パワー調節 5段階
重量 約220g

参照:https://www.irisohyama.co.jp/epilata/

【料金比較】安い家庭用脱毛器ランキングTOP3

家庭用脱毛器は、数万円するものがほとんどで決して安い買い物とは言えません。コストに関してはかなり気になるところでしょう。

そこで、紹介した10製品のうち1照射当たりの料金が安いものを3つ紹介します。

※本体価格÷最大照射回数で計算しています。
※情報は2021年7月18日時点のものです。最新のものとは異なる可能性があります。

1CyDen「スムーズスキン bare plus」(1照射:約0.016円)

家庭用脱毛器のおすすめ10選

CyDen「スムーズスキン bare plus」は最大100万回の照射回数がコスパの良さを実現しています。パワー調節がないので、パワーを上げたから照射可能回数が少なくなるということもありません。

1度に10分間使うと19年間以上使える計算です。
本体価格 16,000円(税込)
照射回数 最大100万回

2Sarlisi「IPL脱毛器」(1照射:約0.021円)

家庭用脱毛器のおすすめ10選

1照射当たり約0.021円のSarlisi「IPL脱毛器」は、本体価格も12,980円(税込)と安いです。購入のハードルが低いのもメリットと言えます。

家庭用脱毛器を試してみたい方にピッタリですよ。
本体価格 12,980円(税込)
照射回数 最大60万回

3エムテック「KE-NON(ケノン)」(1照射:約0.022円)

家庭用脱毛器のおすすめ10選

エムテック「ケノン」は本体価格こそ高いですが、1照射当たり約0.022円なので、実はコスパの高い製品です。カートリッジ交換もできるので、長く使えば使うほどお得になります。

カートリッジを使い分けて、本体を家族で共有も可能です。
本体価格 66,310円(税込)
照射回数 最大300万回

家庭用脱毛器の3つのメリット

家庭用脱毛器の主なメリットを3つ紹介します。

3つのメリット
  • コストが安い
  • 誰にも見られない
  • 好きなタイミングで脱毛できる

メリット①:コストが安い

家庭用脱毛器の3つのメリット

医療脱毛や脱毛サロンに通うよりもコスト面では安いです。全身脱毛をするときの医療脱毛、脱毛サロン、脱毛器の費用を比較してみました。

医療脱毛 269,800円(税込)
※リゼクリニック「全身脱毛5回コース」
脱毛サロン 217,800円(税込)
※キレイモ「全身脱毛10回プラン」
家庭用脱毛器 12,980〜98,000円(税込)
※本記事で紹介の家庭用脱毛器本体価格

家庭用脱毛器なら、本体価格が高いものでも10万円未満です。医療脱毛や脱毛サロンは総額20万円以上するプランが多いため、10万円以上の金額差があることがわかります。

メリット②:誰にも見られない

自分自身で脱毛をするため、恥ずかしさはありません。クリニックやサロンへ通う場合は、施術スタッフに見られることは避けられません。

サロンやクリニックの場合、異性のスタッフに見られる可能性があるため気にする方は家庭用脱毛器がおすすめです。

メリット③好きなタイミングで脱毛できる

家庭用脱毛器の3つのメリット

クリニックやサロンだと予約が必須になります。しかし、希望日や希望時間に予約が取れないと、どんどん先延ばしになってしまい思うように脱毛が進まないでしょう。

脱毛は定期的に行うからこそ、効果が現れてくるものです。脱毛器なら、予約が取れず脱毛が進まないという心配がありません。

家庭用脱毛器の選び方とは?5つのポイントを紹介

家庭用脱毛器を選ぶ上でチェックしたいポイントを紹介します。本体価格の安さだけでなく、以下で挙げる点も考慮してご自身に合うものを選びましょう。

1.種類を確認する

家庭用脱毛器は大きく分けて2つの種類があります。それぞれ特徴が異なるため、ケースバイケースで使い分けることが大切です。

脱毛器の種類
  • フラッシュ式
  • レーザー式

フラッシュ式

多くの家庭用脱毛器で採用されているのが、フラッシュ式です。脱毛サロンと同じタイプのため、痛みが少なく広範囲に照射できるのが特徴です。

照射口も大きいものが多く、初心者でも安心して使えます。

レーザー式

レーザー式は医療脱毛と同タイプの脱毛方法です。フラッシュ式よりも痛みを感じやすいと言われていますが、脱毛効果は比較的早いです。

 皮膚が弱い人は使わない方が良いこともあるので、心配な場合はメーカーに確認をしてみましょう。

照射口はフラッシュ式よりも狭いので、脱毛部位が決まっていて短期間で脱毛効果を得たい方におすすめです。

2.施術できる部位がどこか

家庭用脱毛器の選び方

施術できる部位も大切なポイントです。「全身できると思っていたけど、そうではなかった」などミスマッチを防ぐためにも脱毛部位は確認しておきましょう。

 特にVIOと呼ばれるデリケートゾーンは対応していない脱毛器も多いです。

顔ができない脱毛器もあるので、男性の方で髭脱毛を検討している場合は注意が必要です。

3.照射範囲の広さは広いか

照射範囲が広いと1回の処理時間が短くなるのに加え、照射漏れを防げます。照射漏れがあると脱毛にムラができるので、見た目が綺麗に見えないこともあるでしょう。

特に慣れないうちは、照射ミスを防ぐためにも照射範囲が広いものを選ぶことをおすすめします。

4.照射回数が多いか

照射回数が多い方がコスパが良いです。先に紹介した1照射当たりの価格も参考に機種を選びましょう。

カートリッジ交換式のタイプなら、カートリッジ交換により再度使用が可能です。カートリッジ交換不可の場合は、照射回数分を使い切ると、本体ごと交換しなくてはなりません。

カートリッジ交換の有無も考慮して選ぶと良いでしょう。

5.パワー調整できるか

初心者のうちは脱毛器の使用は痛みを感じやすいです。そこで、パワー調整できる機種を選べば痛みを軽減できます。

エムテックのケノンは10段階のパワー調節が可能です。その他の脱毛器でも5段階のパワー調整ができる機種は多くあります。

一方で、CyDenのスムーズスキン bare plusは、パワー調節ができません。慣れないうちは痛みを伴うこともあるでしょう。

家庭用脱毛器の3つの注意点

家庭用脱毛器を導入する前に、以下の3つの注意点は頭に入れておきましょう。

会社の信用度を見極めるポイント
  • 永久脱毛はできない
  • 間隔を開けて使用する
  • 脱毛効果を得るには時間がかかる

注意点❶永久脱毛はできない

家庭用脱毛器の3つの注意点

永久脱毛をしたい方は、クリニックで受けられる医療脱毛が適しています。家庭用の脱毛器では一時的な脱毛は可能ですが、処置後に一定期間が経過すると毛は生えてきます。

永久脱毛はできなくてもいいから、一時的に毛を減らしたい場合にはおすすめです。

注意点❷間隔を開けて使用する

早く脱毛したいからといって、毎日のように使用するのはやめましょう。脱毛器を過度に使いすぎると肌を痛める原因となります。必ず、取扱説明書に書かれた間隔を守って使ってください。

初めは1〜2週間の間隔で、毛が薄くなってきたら1ヶ月間隔などを推奨してる脱毛器が多いです。

※あくまで例なので、実際の使用は製品の取扱説明書に記載の間隔で行いましょう。

注意点❸脱毛効果を得るには時間がかかる

家庭用脱毛器の3つの注意点

脱毛効果を実感するまでに時間がかかることが多いです。短期間で脱毛効果を得たい場合は医療脱毛や脱毛サロンに行きましょう。

それぞれの脱毛効果を得るまでの期間の目安をまとめました。

医療脱毛 半年ほど(施術3〜4回ほど)
脱毛サロン 1年ほど(施術5回以上)
家庭用脱毛器 1年以上

※期間は一般的な目安です。実際には個人差があります。

このうち、永久脱毛ができるのは医療脱毛だけになります。

【よくある質問】VIOは?日本製が良い?

家庭用の脱毛器でVIOの脱毛はできますか?
機種により異なります。Vラインだけ可能なものやVIO全てが可能なものなど様々です。なお、家庭用脱毛器では永久脱毛はできないので覚えておきましょう。
VIOとは何ですか?
デリケートゾーンのことです。Vラインは足の付け根より上の三角ゾーン、Iラインは性器周辺、Oラインは肛門周辺の部分のことを指します。
家庭用脱毛器は日本製の方が良いですか?
日本製だからクオリティが高くて、海外製だからクオリティが低いということではありません。ただし、日本製であれば故障時のトラブル対応は、海外製よりも迅速な場合が多いなどのメリットはあります。
家庭用脱毛器で永久脱毛できないのは何故ですか?
永久脱毛は医療行為にあたるので、医師だけが行うことができます。永久脱毛をしたい場合は、脱毛器ではなく医療脱毛で施術を受けてください。
脱毛器を使う前の事前準備はありますか?
あらかじめシェービングをしておきましょう。肌に負担をかけないため、電動シェーバーで処理しておくことをおすすめします。
脱毛サロンと家庭用脱毛器の光脱毛は何が違うのですか?
家庭用はサロンの脱毛器よりも出力パワーは低く抑えられています。そのため、より短期間で効果が現れやすいのは脱毛サロンでの脱毛です。
背中などの自分で施術しにくい部分はどうすれば良いですか?
失敗する可能性も高いので、見えない部分や手の届きにくい部分はサロンやクリニックで脱毛することをおすすめします。

まとめ

家庭用脱毛器は自宅でも手軽に脱毛が可能です。医療脱毛や脱毛サロンに通うよりも費用が安いのも魅力なので、購入を検討している方もいるでしょう。

 しかし、永久脱毛はできなかったり、脱毛効果を実感するまで時間がかかったりなど、注意点もあります。

安く脱毛できるからと安易に選ばず、家庭用脱毛器の特性をしっかりと理解することが大切です。脱毛器の種類も様々なので、照射回数照射範囲パワー調整の有無などの機能に注目して選びましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事