AGA(男性型脱毛症)とは何?原因や対処法・治療法なども解説

「最近頭髪が薄くなってきた気がする」とは、多くの男性に共通する悩みでしょう。薄毛の原因にはさまざまなものがありますが、「AGA」を発症しているケースも多いです。

しかし、「AGA」という単語は知っていても、その原因や症状などについては詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。そこで今回はAGAとは何か、詳しく解説します。

原因や対処法も紹介するので、本記事を参考にAGAを正しく理解して早めに対処するようにしましょう。

※本記事は、いかなる医学的助言を提供するものでもありません。ご自身の症状やそれに対する治療法等につきましては、必ず医師に相談していただきますようお願いいたします。また、本記事内の薬効等の記載は、全て公式ページまたは医師の執筆・監修した記事を出典として用いております。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは

そもそもAGAとは、男性型脱毛症(AndroGenetic Alopecia)の略で、思春期以降に始まってから徐々に進行し続ける脱毛症状のことを指します。

 重要なのは「徐々に進行する」症状であるということです。放置しておいて勝手に治るということはありません。

また20代後半から30代にかけて発症することが多く、徐々に進行するのが特徴です。進行すると本来は数年かけて成長し続けるはずの毛髪が大幅に短くなってしまい、毛髪量がだんだんと少なくなります。

早めに対処するれば進行を大幅に遅らせることもできるので、放置せず、早めに対処しましょう。

日本人の3人に1人がAGAだとも言われているので、多くの男性に共通する悩みと言えますね。

出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-055/
出典:https://www.agaskin.net/aga/aga/

AGAの原因

AGAの原因

なぜAGAが発症してしまうかは明確になっていませんが、いくつかの原因があることはわかっています。主に考えられている原因は以下の4つです。それぞれ詳しく解説します。

AGAの原因
  • 頭皮の血行不良
  • 髪を育てるための栄養不足
  • 男性ホルモンの影響
  • 遺伝
出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-055/#section-4

男性ホルモンの影響

AGAの主な原因とされるのが、男性ホルモン「テストステロン」の影響です。このテストステロンが頭皮にある酵素「5αリダクターゼ」と結合することで、強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」となります。

 頭皮には男性ホルモンの受容体があり、受容体とジヒドロテストステロンが結合することで脱毛因子「TGF-β」が増加していきます。

脱毛因子は毛母細胞などの働きを抑制する作用があり、まだ成長を続けるはずだった髪が退行して抜け落ちてしまう原因です。

また、主に頭皮にある酵素や男性ホルモン受容体の活動が活発である場合には、AGAが発症しやすいといわれています。

自分ではどうすることもできない原因ですが、仕組みを把握はしておきましょう。

出典:https://agacare.clinic/official/column/749/

遺伝

AGAの原因

AGAは男性型脱毛症(AndroGenetic Alopecia)の略ですが、Gに当たるGeneticは遺伝の意味です。男性ホルモン受容体の数は遺伝の影響が大きく、薄毛の原因の81%は遺伝であるとも言われています。

 遺伝子治療はまだ確立していないため、AGAだと感じたら早めに対処する他ありません。

他の原因ではなく遺伝だとわかれば対処方法も明確になってくるため、医療機関でAGA遺伝子検査を受けるという手もあります。

遺伝かどうかは医師の診断を受けないと判断はできませんね。

出典:https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/aga/cause/#heredity

頭皮の血行不良

髪の成長において、頭皮の血行は非常に重要です。髪を作ったり、成長させるためにはその元になる栄養が必要です。

 髪の成長に欠かせないミネラルやビタミン、アミノ酸などは血液を通して毛根に送られます。

血行が悪く十分な栄養が届かなければ、髪は上手く育ちません。

ストレスや運動不足、睡眠不足など様々な原因から血行が悪くなることがあります。

出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-055/#section-5

髪を育てるための栄養不足

AGAの原因

血行が悪いと髪を育てる栄養を届けることができませんが、血行が良くても必要な栄養が足りていなければ、毛根に栄養を送れません。

 髪は「ケラチン」というたんぱく質によって作られていますが、そのケラチンを作るために必要な栄養がアミノ酸やビタミンです。

他にも亜鉛や鉄分といったミネラルも必要ですが、偏った食生活をしていると不足してしまいがちな栄養素です。魚介類にはアミノ酸が多く、亜鉛や鉄分以外のミネラルなども摂取できます。

バランスの良い食生活を心がけましょう。

出典:http://aga-c.com/aga-knowledge/aga-life

AGAの症状と進行型

AGAは進行性の脱毛症ですが、症状の速度や進行型などには個人差があります。早期発見・早期治療のためにも、進行していく症状とそのタイプに関しても把握しておきましょう。

AGAの基本的な症状

AGAの症状と進行型

AGAの症状はいくつかありますが、基本的には生え際や頭頂部辺りの毛髪が薄くなっていくのが一般的です。

 まだ育つはずの毛が脱毛しやすくなり、短いヘアサイクルを繰り返すことで薄毛が進みます。

AGAを発症していると、寝起きの枕に付着している抜け毛が多く感じたり、洗髪時の抜け毛も多くなっていたりすることがあります。

また髪の育成状況が悪くなっているので、細い毛が多くなり全体的にボリュームが減ります

頭頂部や生え際辺りが気になってきたらAGAかもしれません。

@https://www.agaskin.net/aga/aga/

進行パターン

AGAの症状と進行型

AGAの進行パターンは、大きく3つに分類される「高島分類」や、9つの型に分類した「ハミルトンノーウッド分類」で表されることが多いです。

ここでは、アジア人に多く見られる進行パターンである以下の「高島分類」について紹介します。

AGAの進行パターン(高島分類)
  • 頭頂部からくるO字タイプ
  • 額の生え際からくるM字タイプ
  • 前頭部からくるU(A)字タイプ

O字タイプ

O字タイプは頭頂部付近から円形に脱毛が進むのが特徴で、症状が進むと頭頂部のつむじ辺りの地肌が見えてきます。鏡で見ると見えにくい位置のため、家族や友人に指摘されて初めて気づくという人も多いです。

俗に言う「つむじはげ」のタイプですね。

M字タイプ

AGAの症状と進行型

M字タイプは額の両サイドの生え際が徐々に後退していくのが特徴で、頭部を上から見た時にMの形になっているのが特徴です。自分で気づきやすいので、早期治療もできるでしょう。

初期なら前髪のセット次第で目立たなくすることもできます。

U(A)字タイプ

U字タイプはM字と似ていますが両サイドだけでなく前頭部も徐々に後退していくのが特徴です。O字とM字がつながり同時に広がっていくタイプでもあります。

前髪全体の生え際が徐々に後退していくので、自分でも気付きやすいのが特徴です。

おでこが後退してきていると感じたら、U字タイプのAGAである可能性があります。

出典:https://www.agaskin.net/aga/aga/

AGAの対処法

AGAの対処法

AGAは進行性の脱毛症なので、放置していても勝手には改善しません。「もしかしてAGAかも?」と思ったら、早めに医療機関で診察を受けると良いでしょう。

20代で発症する人も決して少なくはありませんよ。

早めに治療を開始する

AGAは、まだ育ち続けるはずだった髪が育ち切らずに抜け落ちてしまうものです。本来なら数年かけてヘアサイクルを繰り返すはずが、半年程度で髪の寿命を終えてしまいます。

 一生のうちにヘアサイクルが行われる回数はおよそ20~40回程度と限度があるので、サイクルが短ければそれだけ早く毛根の寿命が来てしまいます。

AGA治療を早めに始めたほうが効果的と言われるのは、髪が生えてくる回数には限度があるためです。生え変わる回数が残っていなければ、いくら投薬治療をしても現在の医学では生えません。

AGAの進行を抑えられれば、その分だけ髪の寿命を延ばせます。

出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-100/#section-11

医療機関で診察を受ける

AGAの対処法

薄毛は、AGA以外にも様々な原因が考えられます。症状に合った市販の育毛剤・発毛剤を選ぶのはなかなか難しいので、薄毛の原因を診断・対処してくれる医療機関で診察を受けることをおすすめします。

 円形脱毛症や神経性脱毛症などのAGA以外の脱毛症は、AGAとは対処法も違います

薄毛の症状を自覚したら早めに診察を受け、AGAかどうかをはっきりさせてしまったほうが良いでしょう。

やはり専門家に任せた方が安心ですね。

出典:https://gorilla.clinic/operation/aga/knowledge/other/

AGAの治療法

AGAの治療法

AGAの治療は大きく分けて2つになります。1つは経口摂取する内服薬で、もう1つは頭皮に直接塗布する外用薬です。

 注入薬や植毛という手段もありますが、一般的な治療は内服薬や外用薬を使用することになります。

よく使用される治療薬は以下の通りです。

AGAの治療薬
  • プロペシア(主成分:フィナステリド)
  • ザガーロ(主成分:デュタステリド)
  • ミノキシジルタブレット

出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-098/

どれも効果が期待できる治療薬ですが、副作用が起こることもあるのでそれぞれ解説していきます。

治療薬には、抜け毛を防止するものと発毛を促進させるものがあります。

プロペシア(主成分:フィナステリド)

AGAの治療法

プロペシアは国内で初めて販売されたAGA治療薬で内服薬として使用されます。主成分のプロペシアは薄毛の進行を止めたり、AGAの予防効果が期待できます。

 AGA治療薬であって育毛薬ではないので、髪が劇的に生えるというような薬ではありません。

フィナステリドは「5αリダクターゼ」の働きを阻害し、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が増えるのを防ぐ効果があります。

副作用としては、発生率は1%以下ですが性欲減退・勃起機能障害・肝機能障害が起こることがありま。

発生率は低いですが、服用していて気になったらすぐ医師に相談しましょう。

出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-098/
出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-010/

ザガーロ(主成分:デュタステリド)

ザガーロもプロペシアと同じようなAGA予防効果が期待できる内服薬です。

 プロペシアよりも働きを阻害できる5αリダクターゼの種類が多く、そのため効果が高いと言われています。

プロペシアと同様に発毛を促進させる薬ではありませんが、脱毛因子を増やさないことによってヘアサイクルが短くなることを防ぎます。

効果はプロペシアよりも高いのですが、その分副作用も発生確率が高いというデータがありますので、医師と相談して服用をしましょう。

服用を続けても効果を感じられなければ、薬が体質に合ってない可能性もあります。

出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-010/

ミノキシジル

AGAの治療法

ミノキシジルは育毛剤の成分としても知られており、血行の改善と発毛を促進させる効果があるとされています。内服薬と外用薬のどちらも存在しており、内服薬はミノキシジルタブレットとして処方されます。

 外用薬と比較すると、内服薬であるミノキシジルタブレットのほうが吸収率が高く、より発毛効果が期待できます。

ミノキシジル血圧を下げる「降圧剤」として作られたもののため、副作用としては動悸・息切れやむくみ・頭痛などいくつかの症状が出ることがあります。

また服用開始時の一時的な脱毛や、毛髪以外の体毛増加なども見られるケースがあります。

外用薬を使用する場合は、他の内服薬と併用するケースもあります。

出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-010/

AGAのチェック項目

AGAのチェック項目

自分がAGAかどうかは、医療機関で診察を受けないと確実にはわかりません。しかし、AGAかもしれないと判断できる症状はいくつかあります。

あてはまるものがあったら早めに医師の診断を受けてみましょう。
AGAのチェック項目
  • 抜け毛が徐々に増えてきている実感がある
  • 洗髪時や寝起きに抜けている毛が増えている気がする
  • 額の面積が広くなった
  • 頭頂部のボリュームが減ったと思う
  • 髪の毛が細くなっていると感じる
  • 血のつながった人にAGAかもしれない毛髪状態の人がいる

明確にAGAかどうかは、診察を受け、場合によってはAGA遺伝子検査までしなければ断定はできません。しかし上記はどれも何らかの脱毛症の症状なので、医療機関で診てもらうのがおすすめです。

何でも「気になったら早めに対処」が基本ですね。

出典:https://www.agaskin.net/aga/aga/
出典:https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_353.html#a2

おすすめAGAクリニック3選

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックのおすすめポイント
  • 独自に処方したオリジナル発毛薬「Rebirth」を処方
  • 豊富な割引サービス・キャンペーン
  • 全国62店舗の提携院で急な引っ越しでも安心

AGAスキンクリニックは2019年3月時点で100万人以上の患者の薄毛の相談を受けている、男性の薄毛や抜け毛治療に特化したAGA治療クリニックです。以下の割引キャンペーンが開催されています。

  • 新規開院記念プラン: 全ての治療が10%OFF ※2021年8月31日まで
  • 学生割引: 全ての治療が10%OFF※終了時期は未定
  • 友だち紹介割:当院の治療や商品に使える金券最大3万円分※終了時期は未定
  • 発毛実感モニター募集:オリジナル発毛薬プラン+Dr'sメソorミノキジェット最大30%OFF※終了時期は未定

毎月の治療内容に応じてポイントが貯まるLINEショップカードを活用すれば、人気ヘアケア商品や割引券がゲットできます。

初診から来院せずに薬の処方をしてくれるオンライン診察も可能です。

AGAスキンクリニックの料金

  • 予防プラン:初診3,700円・再診6,200円(税込)/月
  • 進行を遅らせるプラン:初診・再診料0円・内服薬15,400円(税込)/月
  • 発毛プラン:初診・再診料0円・内服薬38,500円(税込)/月

基本情報

オンライン診療
無料カウンセリング
店舗数(全国) 62店舗
店舗エリア 北海道/青森/宮城/秋田/東京/神奈川/埼玉/千葉/栃木/群馬/愛知/静岡/三重/富山/長野/大阪/京都/兵庫/奈良/岡山/広島/愛媛/高知/広島/山口/福岡/熊本/鹿児島/宮崎/沖縄/長崎/佐賀

公式サイト:https://www.agaskin.net/

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックのおすすめポイント
  • カウンセリング・診察はいつでも何度でも無料
  • AGA治療のみのオンライン治療実績100,000件以上※(2021年6月時点)
  • オリジナルシャンプー & コンディショナーも用意

AGAヘアクリニックは、通いやすさを重視した低価格の治療プランを用意しているAGA治療クリニックです。医療ローン等の無理な勧誘などは一切ありません。

 気軽に治療を始めやすいように、治療費は初月1,800円(税込)※3と安い価格設定で治療を行っています。

薬の配送はクリニック名表記なし、郵便局留めにも対応するなど、プライバシーに配慮されたサービスが魅力です。

AGAヘアクリニックの料金

  • 現状維持・薄毛予防プラン:1,800円~8,000円(税込)/月
  • 標準治療プラン:10,800円~18,000円(税込)/月
  • 発毛効果を高める治療プラン:22,800円~31,000円(税込)/月

基本情報

オンライン診療
無料カウンセリング
店舗数(全国) 2店舗
店舗エリア 東京/埼玉

公式サイト:https://agahairclinic.or.jp/
※3 治療を希望する場合、初診では薬代のほかに別途血液検査費用がかかります

Dクリニック

Dクリニック

Dクリニックのおすすめポイント
  • 一人ひとりに合わせた600パターン以上のオリジナルの処方薬を用意
  • 食生活・生活習慣指導もプラン内の料金で受けられる
  • 遺伝子検査などのオプション検査も任意で受けられる

Dクリニックは、21年の間に延べ255万人※1の患者に薄毛治療を行ってきた実績のあるAGA治療クリニックです。

Dクリニックが医療連携を行っている、聖マリアンナ医科大学の井上肇特任教授が開発した、600パターン以上のオリジナルのお薬を院内で調剤処方している点が特徴です。

 進行抑制を目的とした「単剤処方」と、発毛を目的とした「アドバンスト発毛治療」の2種類のプランから選べます。

食生活・生活習慣指導もプラン内の料金で受けられるので、普段の生活面からも薄毛対策が考えられるでしょう。

公式ホームページで年代別に症例数が写真と共に詳しく公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

Dクリニックの料金

  • アドバンスト発毛治療プラン:初診11,000円・再診16,500円~35,200円(税込)/月
  • 単剤処方治療プラン:初診12,100円~15,950円・再診24,200円~35,750円(税込)/月

基本情報

オンライン診療
無料カウンセリング
店舗数(全国) 7店舗(男性院は5店舗)
店舗エリア 東京/愛知/大阪/福岡

公式サイト:https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/
※1 1999年7月~2020年12月のDクリニックの延べ患者数

 

よくある質問

AGAって何?
男性型脱毛症(AndroGenetic Alopecia)の略で、徐々に進行していく脱毛症状のことです。対処しない限り症状は進み続け、最終的には頭髪がほとんどなくなってしまいます。
出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-055/#section-1
歳をとれば毛は薄くなるものじゃないの?
毛母細胞が毛を作れる回数には限度があるので、加齢によって毛が薄くなるのは事実です。しかし、AGAの場合は若いうちから発症してヘアサイクルを短くしてしまうので、30~40代でもかなり毛髪が薄くなってしまうケースもあります。
出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-055/#section-3
どんな感じで薄毛が進行するの?
頭頂部から徐々に広がっていくO字型や、額の生え際のから進行するM字型、前頭部全体に広がっていくU字型などがあります。段々と髪が細くなり地肌が見えてくるようになるのが特徴で、どの型でも最終的には同じようになります。
出典:https://www.agaskin.net/aga/aga/
AGAになってしまう原因は?
明確な原因は不明ですが、頭皮環境が悪かったり、様々な要素からヘアサイクルの乱れが続いてしまったりすることが原因と考えられています。特に遺伝要素は大きく、AGAの81%ほどが遺伝によるものだというデータもあります。
出典:https://agacare.clinic/official/column/749/
自分でできるAGA対策は?
AGAは放っておけばどんどん進行してしまうため、自分がAGAかなと思ったらすぐに対処するのが効果的です。治療中はできるだけ頭皮環境を良くするようしましょう。
出典:https://www.clinicfor.life/articles/a-102/#section-5
病院ではどんな治療をするの?
内服薬や、併用して外用薬を処方されるのが一般的です。中には注入薬を使用したり、植毛をするという治療法などもあります。
出典:https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/aga/beginner/#p3
自分でAGAかどうか確認する方法は?
自分の目でみて抜け毛の本数増加や、頭皮の見える割合、髪の毛の細さなどからAGAかもしれないと判断は可能です。しかし脱毛症はAGAだけに限らないため、AGAと断定するには医師の診断を受ける必要があります。
出典:https://www.agaskin.net/aga/aga/

まとめ

今回はAGAとは何なのか、AGAの原因や対処法を含めて詳しく解説しました。AGAは若くても発症することがあり、放置しておけばどんどん進行してしまうのが特徴です。

治療は早期に開始したほうがより効果的のため、薄毛の兆候が見られたらすぐに専門の医療機関を受診するのがおすすめです。診断・検査の結果から自分にとって適切な治療を提案してくれます。

まずは自分の髪に違和感がないか、鏡を見たり家族にチェックしてもらったりして確認しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事